マンション管理士と業務管理主任者。独立型はどっちでしょう?

 

マンション管理士と同じジャンルの仕事をする資格に業務管理主任者があります。マンション管理士は、マンション住民主体の管理組合と、マンション管理を行う管理会社との間で第三者的な中立の立場を保ちます。そして、管理会社の業務監査を行い、管理組合側へアドバイスするのが主な役目。いわばマンション管理のコンサルタントですから、独立開業を目指すことができるのです。

管理業務主任者は原則としてマンション管理会社に所属します。そして、管理組合から委託されたマンションの管理業務を代行するのが主な役目になります。マンション管理受託契約の際、重要事項の説明を行うのも管理業務主任者の大事な役目。契約締結後は、日々の管理状況をチェックし、管理組合などに報告しなければなりません。

上記のことを踏まえれば、管理業務主任は就職(転職)に有利であり、マンション管理士は独立開業型と言えます。フォーサイトの通信講座は「マンション管理士講座」と「管理業務主任講座」は同じカテゴリーとして捉えており、それぞれの単科講座を開講。加えて、2つが一緒になったバリューセットもあり、ダブルライセンスを目指すケースが増えているのが現状に合わせています。頑張ってみる価値は十分にありますよ。

マンション管理士と管理業務主任者のどちらを目指すかは人それぞれ。ただし、資格試験に挑むなら、あまり時間を置かず、両方を意識しておくのがいいかも知れません。それぞれの特長を生かした仕事をセレクトでき、将来設計の幅が広がることでしょう。職場でのキャリアアップを目指す、開業して独立を目指す……どちらが自分のやりがいにつながるのか、ここもじっくり検討する必要がありそうです。

資格があれば就職や転職、独立開業と夢を描くことができます。まずはフォーサイトの通信講座で合格すること。そこから新たな展開へ、着実に進んで行けばいいのです。マンション管理士も業務管理主任者も、持っていれば有利な資格なのは間違いありません。積極的にアタックしましょう!