マンション管理士は独学よりも通信で合格しましょう。

 

将来への備えのため、マンション管理士の資格取得を思い立ちました。もともと、何か目標を見つけて頑張るのが好きなタイプの私。就職してからはなかなかいい目標が見つかりませんでしたが、インターネットで検索するうちに見つけたのがマンション管理士でした。

今の仕事に大きな不安や不満はありませんでしたが、マンション管理士ならば、ある程度年齢を重ねてからでも転職できると考えたのです(実際、何年後になるかわかりませんし、定年後かも知れません)。

比較的新しい資格で、これから脚光を浴びると思えたのも受験を決めた理由のひとつ。
聞くところによると、受験者の年齢も他の資格より高いそうです。マンション管理士は国家資格ですから、それなりの覚悟を決めなくては合格できません。

独学で頑張るのもひとつの手ですが、私は当初から「通信」で勉強しようと考えていたのです。“資格試験は「通信」で”というのがトレンド。独学なら達成感は大きいでしょうが、合格しなければ元も子もありません

その「通信」(=通信講座)ですが、大手予備校やTVCMでお馴染みの講座がよく知られています。当初、私が注目したのもそうでした。が、どの講座も似たり寄ったり、資料を見ても違いがわからないというか、特長がつかめませんでした。

そこでひとまず通信講座選びは一休みすることに。本当に「通信」がいいのかどうか、「独学」でもいいんじゃないか、思い切って「通学」するのはどうか、と検討することにしたのです。

合格することが第一、とはいえ、コストのことは気になります。せっかく時間をかけてトライするわけですから、モチベーションを維持して頑張れる方法を見つけたいと考えました。
そして、最終的に選んだはやはり「通信」。

というのも、いろいろ調べるうちに通信講座のフォーサイトに出合ったからです。これまで比較検討した通信講座とはひと味違っており、目標を見つけて頑張りたい私にピッタリ!
頑張れば頑張るほど手応えが得られると感じられたのが大きかったですね。マンション管理士はフォーサイトで合格するを目指すことに決めました。